GoTouch

GoTouch

2万円の電子ホワイトボード「GoTouch」の付属品と他に必要そうなもの紹介

設定系の記事を先に書いてしまいましたが、GoTouchの付属品を紹介します。 皆さんの環境で買い足すものを考える参考になればと思います。 私が個別で買い足したもの、買い足そうと思っているものは以下です。
GoTouch

2万円の電子ホワイトボード「GoTouch」でBluetooth再認識を即時行う

GoTouchを使っている際、マウスやキーボードに触れてしまうと、すぐにセッションが切れてしまい、アプリを再起動するだけではうまく行かなかったので、再起動用のバッチを作りました。
GoTouch

2万円の電子ホワイトボード「GoTouch」をVirtualboxで試す

私は、デスクトップPCにubuntuを使用しているので、GoTouchを使う場合、VirtualboxのゲストwindowsかAndroidで使っています。ホストOSのBluetooth設定からGoTouchを認識できないため、工夫が必要でした。
GoTouch

2万円の電子ホワイトボード「GoTouch」の各機能を試す

GoTouchで検索をすると、設定が楽そうである(実際は慣れるまで難しい)ところや機能のかっこいいところしか説明がなかったりするので、各ボタンの機能説明を調査ついでに書いてみました。
GoTouch

2万円の電子ホワイトボード「GoTouch」をAndroidとChromeCastで使ってみる

前回はwindows版のアプリでGoTouchを使用してみましたが、今回はAndroid版で試してみようと思います。うちにはUSB3.0とHDMIをつなぐ機器がないので、ChromeCastとつないでみます。
GoTouch

2万円の電子ホワイトボード「Go Touch」はクセは強いが使って楽しい

家にホワイトボードがあったら家族会議とか楽しいのになあ。と思っていたのですが、中古のスタンド付きの手書きホワイトボードでも1万〜2万はするし、場所を取ると愛する妻に怒られそうなので、今回はお手軽な電子ホワイトボードを使うことにしました。