2万円の電子ホワイトボード「GoTouch」をAndroidとChromeCastで使ってみる

はじめに

前回はwindows版のアプリでGoTouchを使用してみましたが、今回はAndroid版で試してみようと思います。うちにはUSB3.0とHDMIをつなぐ機器がないので、ChromeCastとつないでみます。






 

設定手順

Androidスマホから、GoogleHomeを起動します。



右下の「アカウント」をタップします。
アカウント画面で、デバイスのキャストを選択し、
ChromeCastを選択すると画面をミラーリングできます。




AndroidのGoTouchアプリで、「設定」−「Bluetooth」を選択します。



GoTouch本体の電源が入っていれば、上記のように検索してくれますので、選択します。
※前回の記事でも書きましたが、OS本体のBluetooth画面でペアリングはしません。
 アプリから実施します。


次は、「設定」から「カメラ位置」を選択します。
windows版と同様に、中心位置の設定と、4隅タッチを実施します。




使ってみた

電子ホワイトボード「GoTouch」をAndroidとChromeCastで使ってみた

実際に書いているところを動画にしてみました。
速度は遅いですが、特に気にならない程度かなと思います。


おわりに

まあたしかに反応速度は遅いのですが、十分使えると思います。
そして、HDMIケーブルを使わずに使用できるのも、なかなかスマートでいいと思いました。

あと、windows版はセッションが切れやすいのですが、Android版は他の画面を使っても、戻ったときにそのまま使えるので、実践でもかなり使えると思いました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。