クックフォーミーがあれば料理経験の少ないパパと息子で簡単にビーフシチューが作れる

はじめに

札幌のおじが、いとしい我が家のため(副)と節税のため(主)にふるさと納税をしたというので、使わないクックフォーミーをくれました。サラリーマンの私には個人事業主の考えることはさっぱりわからないのですが(憧)、こんな超高級家電を頂いたので、さっそく料理をしてみました。





クックフォーミーは、食材や調味料を切って放り込めば料理が出来上がるという、素晴らしい調理家電です。むかし、無洗米で米焚きが楽になったとき「なんか、インスタントコーヒー作るみたいだね!」と思った時と同じ感動を覚えます。


作ってみました(準備編)

レシピは、説明書やwebサイトにあります。

各工程で食材を準備し始めると遅いので、先に食材を切って、調味料も揃えておきます。
指示が来たタイミングで、ドバっと入れなくてはいけないのです。

ではまず食材を切ります。
(IT手順ばかり書いている私が、まさか料理の手順を書く日が来るとは。。笑)

牛肉、玉ねぎ、セロリ、マッシュルーム、ニンジンをぶつ切りにします。
クックフォーミーは圧力鍋の機能があるので、大きめに切っても圧力で小さくなるため、小さく切ると溶けてしまうためです。大きく切りましょう。そういうところも、料理経験がすくないパパや子どもにはとても助かります。

調味料類は、塩コショウ、うま味調味料(追加)、赤ワイン、油、水煮トマト缶、デミグラスソース缶、水です。

作ってみました(調理編)

最初に、レシピを「ビーフシチュー」に選択し、スタートボタンを押すと余熱を開始します。
圧力釜の釜が、とても熱くなります。5分くらい待機。


指示がくるので、切った食材たちを入れていきます。


 

肉に焦げ目がつくまで炒めると書いてましたが、水分が多かったので、焦げ目なんて全然つかなかったので、お肉が温まったら次の工程へ進みました。





次の指示がくるので、食材その2を入れていきます。
その後、いよいよ、釜を閉じて圧力調理を開始します。

17分くらい待ちます。





17分後、圧力鍋がものすごい蒸気を上げて、次の工程へ進むよう教えてくれます。



最後にデミグラスソースをかけたら、完成です。

とてもおいしそうに出来上がりました。



あとは、フランスパンを切って焼いて、



クックパットで適当に見た、レタスツナサラダを作りました。





おわりに

料理経験の少ないパパと息子で楽しく食材を切って、あとはクックフォーミーの指示に従えば、簡単に料理ができるので、息子も飽きずに作ってました。特に、圧力鍋がブシュー!と蒸気を上げるところは、男心をくすぐります。

味も当然美味しかったのですが、最後に妻のアドバイスで、シチューの素を追加で入れたり、塩コショウの適量の部分が足りなかったので追加してもらったら、とろみが増してさらに美味しくなりました。


レシピは標準で80種類あり、それに加えてクックフォーミーを使い自分のアイデアで料理している方のwebサイトもたくさんあるので、作れる種類の幅はかなり広いと思います。
また、料理に慣れている方でも時短料理にもなるので、おすすめだと思います。



私「ルックアットミーは便利だね」
妻「クックフォーミーね」
私「また、ソングフォーユーで料理したいな!」
妻「クックフォーミーね」




新婚の方などのプレゼントにも、最適だと思いました。




 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました