クレジットカード(iDとQUICPay付き)と交通系ICカードでほぼキャッシュレス生活

はじめに

今年の夏、愛する妻が財布を落として失くしかけました。失くしかけたというのは、当日の夜に警察から連絡があり無事に戻ってきたからです。よかった。

しかし、失くしてから警察に届けるまでの間に、当時持っていたクレジットカードや銀行カードを止めたので、前向きに考えてクレジットカードの契約先を見直そうと考えました。入会特典もありますし。

今までは、上京してすぐに作った東急のクレジットカードを使っていたのですが、もう東急沿線にはすんでいないので、あまり恩恵も無いと感じたのも理由の一つです(結局、変えませんでしたが@後述)

いろいろ検討した結果、東急カードを残しつつも、オリコカード中心にしたら、自然とキャッシュレス生活なったので、そのお話を書こうと思います。

クレジットカード系の話をすると、だいたいアフィリエイト観点でリンクばかり貼るサイトが多いのですが、あいにくクレジットカードを紹介しても私には何のメリットもないので、リンクは貼りません。ご検討の方は各自検索ください。

せっかくなので、本件に全く関係ない忘年会用のつまらないマスクをとても雑に貼っておきます。





 

キャッシュレスに向けての布陣

全ての支払いを1つの機能で出来ればいいのですが、日本はそれほど整備されていないので、どのパターンがより網羅できるのか。という検討になります。

結論、優先度は以下のようになりました。

①電子マネー(iDとQUICPay)
⓶電子マネー(交通系ICカード:PASMOオートチャージ or PASMOポイント利用)
③クレジットカード(オリコカード)※ポイント還元率とネットの強さで選びました
④クレジットカード(東急カード)



①電子マネー(iDとQUICPay)

クレジットカードを変更したときにオリコカードに勝手にくっついてきました。クレカ選びに電子マネーを検討していなかったので、とてもラッキーでした。キャッシュレス生活のきっかけにもなりました。

コンビニや飲食店や各種チェーン店で対応しています。iDはEdyと発音が似ており間違えられやすいので、なるべくQUICPayを使うようにしています。

お金の出所はクレカと同じですが、相手にカードを渡さずに「ピッ」とかざせば済むのでよりスピード感があります。さらに家族カードにも電子マネー機能が付くので、夫婦で同じ財布から電子マネーを使えます。


②電子マネー(交通系ICカード:PASMOオートチャージ or PASMOポイント利用)

電車やバスなどはもちろんですが、駅周辺のお店や自販機でも活躍します。
私は④に紐づいた東急カードで定期区間外の切符購入に使います。妻は定期券購入とオートチャージで貯まったポイントを自分のPASMOに入れて、コンビニなどで使うようにしています。


③クレジットカード(オリコカード)

電子マネーが対応していないところでは、クレジットカードを使うようにしています。スーパーの自動支払機などは、まだクレジットカードのみが多いですね。

また、1000円以下でもクレジットカード払いにしています。最近は、一定金額以下の支払いは記名が不要だったりするので、現金で払うよりも楽なことが増えました。

しかし、スーパーでクレジット払いにすると、商品割引が無効になるところがあったので、そういうところは現金を使わざるを得ません。そういうお店は、来年くらいから淘汰されていくでしょう。

あとは、ネット通販でポイントが高いのが強味なので、ネット通販はすべてオリコカードで買うことにしてます。さらに、公共料金や保険の支払いなどもすべてこちらに集約し、ポイントを稼ぐようにしています。


④クレジットカード(東急カード)

自分の生活圏でオリコカードが弱い交通系用途で使うことにしています。6か月分の定期券購入、定期区間外のPASMOオートチャージだけです。オートチャージにしておけば、券売機を使うこともなくなりスマートな生活になります。たまったポイントは、②のPASMOのポイント利用に回します。

いまは小田急沿線に住んでいるのですが、ポイント還元率を考慮して、東急カードを続けました。


どうしても現金がひつようなとき

ほぼこれで現金を使わずに生活できると思いきや、そうはいきません。
①~④で対応できない現金の用途を挙げておきます。

・100円ショップの一部
・個人商店/個人飲食店
・郊外の自販機
・学校の集金
・病院(大きい病院はクレカ対応してますね)
・町内会費
・旅行先のお店、レジャー施設
・居酒屋の割り勘集金
・お賽銭(※実はお賽銭も電子マネーできるところがあります)
・冠婚葬祭の費用
・一部のコインロッカー
・免許更新の手続き。収入印紙とか。
・役所での手続き等(※コンビニで印刷できるものもあります)
・おもちゃのガチャガチャ
・コインランドリー



けっこうありますが、常時使用するのはわずかだと思います。(100均は痛いですね)ですので、手元にいくらか持っていれば、ほぼキャッシュレスで過ごせるのではないでしょうか。



キャッシュレス生活のいいところ

偶然始まったキャッシュレス生活ですが、やってみるとなかなか便利なのでやめられなくなりました。いいところがたくさんあります。

・ポイントが付くので現金よりもお得(年会費がなければ)
・支払いがスムーズになる。店員さんも、後ろで待っている人も幸せ。
・アプリを見ればすぐに利用状況が分かる(オリコカードは2~3日あとなのでちょっと不満ですが)
・お店のポイントとカードのポイントを2重に得られる場合が多い
・今後の消費税増税に伴うキャッシュレス還元(2%~5%)に対応できる
・財布が軽くなる
・現金引き出しの回数が減るので手数料が減ることもある



おわりに

来年からはさらにキャッシュレスが促進されます。買う人も売る人も支払いの時間を減らして、日本中が生産性向上につながれば良いと思いました。あと、お金の払い方とか切符の買い方とか、子どもの教育にも変化が出てきそうですね。


 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました