【デル アンバサダープログラム New XPS 15 2-in-1】(5日目)USBワイヤレスマウスをつないでみた

はじめに

5日目の今回は、マウスをつないでみました。手持ちのUSBワイヤレスマウスをどのように活かすか。を考えてみました。

タッチパッドが使いづらい

この手のタッチパッドは、会社のPCで使ったことがありますが、よく手のひらや親指の付け根にあたってしまい反応してしまうのでいつもOFFにするようにしています。意図せずタッチパッドに手が当たってしまうと、テキスト入力をしているときにカーソルがずれてしまい、別のところに書いてしまうときがあり、不便です。もっと言えば、本番運用しているサーバの保守時に予期せぬ動きをすると、それこそ危険です。

「New XPS 15 2-in-1」は思ったより手が当たらず好印象でした。しかしゼロではないので、やっぱりタッチパットを切ることにしました。


USBワイヤレスマウスをつないでみた

これは、別のUSB2.0インタフェースにワイヤレスマウスを接続したところです。
ふつうはこれくらいシンプルになります。


「New XPS 15 2-in-1」 はUSB-Typecしかないので、付属の変換器をつかいます。


こんな感じです。ちょっとだらしないですね。まあ、Bluetoothを使いましょう。ということなのでしょう。それでも、Bluetoothの不安定さが嫌だったり、USB2.0でつながなくてはいけない場合、左側の電源ケーブルと並べて接続してみてください。


いかがでしょうか。けっこう違和感なく見えてきましたと私は思います。プチ攻略できた気がして、少しうれしいです。あとは、L字の変換器を探したり、いろいろ工夫はできると思いました。



おわりに

いま、外出先で書いているのですが、マウスを使うことでより自然に画面に向かうことができて、とても快適に感じています。私はいつか返却しなくてはいけないので、このまま変換器と一緒に使おうと思いますが、買った場合はBluetoothと組み合わせるのが一番いいと思いました。


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました