【デル アンバサダープログラム New XPS 15 2-in-1】(10 日目)会社でPCを使ってみた

はじめに

通勤の往復で持ち歩くには、重くて厳しい「New XPS 15 2-in-1」ですが、会社に置いて使う分には、けっこう行けるんじゃないかと思いました。


会社で使った感想

数日使ってみました。感想です。
自席で使う分には、家で使うのと変わらず画面も広くキーも打ちやすく、快適に使うことができました。

打合せをするときに持ち運ぶのも、とても楽ですし、アクティブペンで手書きしていると「え?なにそれ?いいね」とちょっと注目を浴びました。嬉しいです。

同じフロアで持ち運ぶには問題ないですが、別の階となるとちょっと億劫な気もしました。あまり行かないのでいいのですが。

残念だったのは、複数人に画面を見せるため大型ディスプレイにHDMI接続したいと思って、USB3.1 Type-Cアダプタを本体に挿してつないでみましたが、やっぱり映りませんでした。displayPort仕様と書いてあったので、その通りなのでしょうが、職場はまだVGAかHDMIが多いので、そういった点は予めしっかりとした装備をしないといけないと思いました。


一番活躍したのはやはり、アクティブペンでした。
いまちょうど、会社設備の工事を計画していて、工事後のデザインを施工業者や上司への説明に作る必要があったのですが、そこで超活躍しました。

私は初対面から間もないときだったのですが、今年度1年目の女子社員が「New XPS 15 2-in-1」とアクティブペンを見るなり、「ちょ、ちょ。スペック見てもいいですか?」と、windows10の「コンピュータのプロパティ」を開いて、スペックの高さに興奮し悶絶していました。いま時珍しいですね。

「明日、このソフト入れておいてください!」とペイントソフトを教えてもらい、インストールしておくと、翌日アクティブペンをさっと手に持ち、使いこなしていました。アルパカみたいなソフト名でした。

で、新しい設備のデザインを会話したときに、その後輩が現場の写真をペイントソフトに落とし込み、そこにサラサラっと完成イメージをアクティブペンで上書きしたんですね。守秘義務があるのでここには載せられないのが残念ですが、上手にレイヤーを使って、ガラスのパーティションで囲ったところ、いすを並べたところ、テーブルを並べたところ、機材を置いたところ。そして、そのパーツの色を薄め、濃いめでパターン化して、いつでも好きな、パーツ配置で好きな色に変えられるようにしていました。

アクティブペンもマウスのように使いこなして、フォルダ操作なども出来ていました。以前書いた、マウス接続の見栄えの件も、アクティブペンをマウスのように使いこなすというやり方で、クリアできるのかもな。と思いました。

後輩に、「普通のタッチディスプレイと、100均のタッチペンやディスクペンでは同じことできないの?」と聞いたら「精度、筆圧、描ける細かさ全てにおいてクソなので絶対にできません」と言っていました。若手の女子から「クソ」って言われました。

パソコンで絵を描くことが好きな人たちにとっては、「New XPS 15 2-in-1」は、スペック通りの快適さと、アクティブペンの使い心地は、本当に素晴らしいということが分かりました。自分でレビューする以外に、人に使ってもらってこれほどまでに価値を感じるとは思いませんでした。


本当に素晴らしいPCです。「New XPS 15 2-in-1」ありがとう。


終わりに

会社で、朝「New XPS 15 2-in-1」に触ったとき、キンキンに冷えていてめちゃ冷たかったです。ハイスペックで見た目もいいのに、そういうところがちょっと可愛いな。と思いました。

結論、適切なアダプタなどがあれば、会社内で持ち運びながら使う分には、打ってよし描いてよしの、超快適環境になることが分かりました。


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました