UiPath Go! で Text To Speech をやってみる

はじめに

ロボットに仕事を任せるなら、ロボットからも喋ってくれたら嬉しいなと思います。1つずつ何かを入力させる場合に、文章と音声でアナウンスしたり、エラーが発生時に騒いでくれたり、いろいろ出来ることがあると思いました。




Text To Speechの実装

http://のり散歩.net/?p=1511

UiPath Go! のセットアップをしていない場合は、こちらの記事からご覧ください。

Voice enabled RPA - AI
Google TextToSpeech and SpeechToText activities that allows you to give voice to your robots

今回はGoogleの音声機能を使ってみます。
ダウンロードし、スタジオに追加。

UiPathを起動し、デザイン画面でパッケージ管理からJson選択し、図のようにクリックし、インストール。






UiPathのパッケージ管理画面を閉じて、speech で検索。
text to speech をドラッグアンドドロップ。






Google Cloud Platform
Google Cloud Platform では、Google と同じインフラストラクチャでアプリケーション、ウェブサイト、サービスを構築、導入、拡大することができます。

google API の登録をします。はじめての方はプロジェクトの作成からやらないといけないです。

speech で検索します。 cloud text-to-speech API を選択。
有効化します。

Google Cloud Platform
Google Cloud Platform では、Google と同じインフラストラクチャでアプリケーション、ウェブサイト、サービスを構築、導入、拡大することができます。

認証情報の追加ページで、サービスアカウントキーを作成します


アカウント名、役割 (オーナーなど) を適当に選択し、JSONを選択します。
サービスアカウトキーを作成すると、JSONファイルがダウンロードできるので、任意の場所に保存します。


Text to Speech アクティビティのプロパティに設定を入れます。
 Gender:Female
 LanguageCode:”Ja-JP”
 ServiceSccountFile:ダウンロードしたJSONファイルを指定する
 Text:”ハロー、ワールド!”


これで実行すると、UiPathが「ハロー!ワールド!」と、話してくれます。



スクレイピングと組み合わせてニュースを読ませる

せっかく覚えたので、ニュースでも読ませてみようと思います。

ブラウザを開く、スクレイピングする、Text To Speechで話す。の流れです。





アクティビティで、スクレイピングを検索すると、「表示中のテキストを取得」があるので、それを使用します。


YahooトップでもYahooニュースでもいいので、このあたりを選択しておきます。
セレクタで不要なものは消しておきます。


変数「news」をStringで定義して、出力先に指定します。



Text To Speech のTextに「”現在のヤフートピックスは ” + news + “。です”」
と、指定します。


スタートすると最新のニュースの1行目を読み上げてくれるようになります。



おわりに

ニュースや天気の読み上げも便利ですが、拡張すれば最新のメールを読んでもらったり、会議の司会、各担当から事前にもらった内容を、会議や朝礼で読み上げるなど、面倒な人の作業を自動化できそうです。



コメント

  1. もりりん より:

    こんばんは。大変参考になりました。
    Text to speechは簡単にいくのですが、Speech to Textに切り替えた場合、
    エラーが出ます。この辺ってどうやるのかお分かりでしょうか?

    • のりくん より:

      返事が遅くなりました。
      記事を作ったのでご参考ください!

      http://のり散歩.net/?p=1565

      私もGW中に、試行錯誤しました。
      Text To Speech がうまく行ったあとに、その逆がうまくいかないときのポイントは、以下だと思います。

      ・GoogleのAPIでText To Speech を有効にして、そのあと、Speech To Textを有効にしていない
       ※念の為サービスアカウントのJSONファイルもダウンロードし直したほうがいいと思います。

      ・マイクがうまく認識できていない。
       ※実施前に、コルタナなどで試してうまくいってから実行したほうがいいです。

      ・実はうまく行っているが気づいていない
       記事にも書いたのですが、「出力」というウインドウに結果が出るので、そこに気づいていないパターンもあります。
       ※私はお恥ずかしながら、ここに気づくのに一番時間がかかりました。

      ご参考になればと思います。
       

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました