GoogleHomeを自発的にしゃべらせて、育児に活用する

我が家にある、GoogleHomeですが、導入当初はみんな面白がって話しかけていましたが、飽きると誰も話しかけなくなりました。

そこで、自発的にしゃべらせて、なにか活用できないか考えました。

GoogleHomeスピーカーに外部からプッシュして自発的に話してもらいます - Qiita
GoogleHomeスピーカから自発的話してもらうためにいろいろ細工をします。具体的にはraspberryPiからGoogleHomeスピーカーに話してほしいことを送ってしゃべってもらいます。 これができると、ある条件の時に好きなこと...
我が家のGoogle Homeが自分から話せるようになりました。
どうも、2017年は大変お世話になりました。 CHASUKEでございます。 年末年始ということで、時間があった…

これらのサイトを参考にして、パソコンからcurlコマンドで話をさせました。
何を話させるかというと、以下のようなものが挙げられます。

<初期の使い方>
 ・時報、天気、長男、次男が出かける/お迎えの時間などのアナウンス
 ・それと同時に、GoogleHomeに「私に○○と話しかけると、○○をご案内します」
  のような、GoogleHomeの活用例をアナウンス

特に後者の方ですが、Googleの音声コマンドを覚えるために、毎回紙やネットを見るのは、本当にナンセンスだと思いますので、この教育作戦は良かったと思います。

Google Home(Googleアシスタント)でできること大全 ~音声操作一覧から拡張アクションまで~
(2018/09/17 メッセージブロードキャスト機能を追記)こちらでは、Googleのスマートスピーカー「Google Home(グーグルホーム)」と、その音声AI「Google Assistant(グーグルアシスタント)」の使い方や何が
<現在の使い方>
 ・天気、ゴミの日、お出かけ/お迎えアナウンス
 ・市の防災情報や数時間後に雨が降る時のアナウンス
 ・食後に薬を飲んだか確認する。定期的に妻に水分摂取を促す
 ・子どもの寝る時間をアナウンス
 ・週末におばあちゃんとFaceTimeをする時間のアナウンス

音声コマンド教育の選定は、上記のサイトを参考に、家で活用できそうなものを選んで、毎日時報と一緒にアナウンスしていました。覚えたら、また次の活用例を。という感じです。こうすることで、家族に飽きられたGoogleHomeも再び活用されることになりました。

現在は、活用例アナウンスはうっとうしいのでやめました。
その代わりに、日々の会話で出てきた、忘れてはいけないことや、
規則正しい生活をするためのアナウンスをしてもらっています。

以下のようなものを、crontab -e で登録しています。

0 8 * * * curl -X POST -d "text= 朝の薬は飲みましたか?" http://localhost:8091/google-home-notifier
20 19 * * * curl -X POST -d "text= 夜の薬は飲みましたか?" http://localhost:8091/google-home-notifier
15 7 * * 2,5 curl -X POST -d "text= 7時15分になりました。 今日は、一般ごみの日です。" http://localhost:8091/google-home-notifier
16 7 * * 5 curl -X POST -d "text= 金曜日は、乾電池ゴミの日です。" http://localhost:8091/google-home-notifier
15 7 * * 3 curl -X POST -d "text= 7時15分になりました。今日は、缶、紙ゴミなどの、資源ごみの日です。" http://localhost:8091/google-home-notifier
15 7 * * 4 curl -X POST -d "text= 7時15分になりました。今日はプラスチックごみの日です。" http://localhost:8091/google-home-notifier
01 7 * * 1-5 curl -X POST -d "text= 20分以内に、朝ごはんを食べましょう。" http://localhost:8091/google-home-notifier
25 7 * * 1-5 curl -X POST -d "text= 朝ごはんは食べ終わりましたか?歯磨きと洗顔を済ませ、着替えをし、学校へ行く準備をしましょう。" http://localhost:8091/google-home-notifier
42 7 * * 1-5 curl -X POST -d "text= 7時42分になりました。もうすぐ学校へ行く時間です。ポケットに、ハンカチ、ティッシュがあるか、確認しましょう。" http://localhost:8091/google-home-notifier
43 7 * * 1-5 curl -X POST -d "text= 7時43分になりました。 学校へ行く時間になりました。鏡を見て、身だしなみを確認しましょう。それでは、行ってらっしゃい" http://localhost:8091/google-home-notifier
20 20 * * * curl -X POST -d "text= 8時20分になりました。もうすぐ寝る時間です。お片付けをして、トイレを済ませてください。" http://localhost:8091/google-home-notifier
30 20 * * * curl -X POST -d "text= 8時30分になりました。寝る時間です。今日も一日、お疲れ様でした。おやすみなさい。" http://localhost:8091/google-home-notifier

cronで動かすことにより、GoogleHomeが家族の行動を促してくれ、忘れ物を防止したり、規則正しい生活が送れるようになるわけです。

 
 

自動アナウンスではないですが、GoogleHomeアプリにはこんなものがあります。

歯みがきくん | Google アシスタント
毎日の歯磨きを楽しくして、習慣化するための歯磨きサポートアプリです。 特に、ママさんパパさんが、お子さんが嫌がりがちな歯磨きを楽しんでもらうのに最適です。 楽しい歯磨きタイムで歯磨き習慣をつけて歯の健康を守りましょう。 新たに「仕上げ磨き」が追加されました。 楽しい音楽でパパさんママさんの仕上げ磨きをサポートします。 ...

GoogleHomeには、歯磨きの順番を歌ってくれる、
「はみがきくん」というアプリです。


 
 
ですが、歯磨きがキライな長男は、私が「はみがきくん」を呼ぼうとすると、、、

私   「OK Google 歯磨きくんにつないd・・・」
長男  「うぁあああああ!」
Google 「(ピコン)・・・分かりませんでした。」

と、音声コマンドを叫びで上書きし起動させないという
まさかの妨害方法で抵抗してきます。 



  


やはり、自動アナウンスが有効なのだと思いました。



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。