zabbix4.0 のインストール(何カ所かつまづいた)

はじめに

zabbixもそこまで詳しくないのですが、2018年10月1日にバージョン4.0がリリースされたということで、せっかくなので新しいものでtwilioと繋いでみたいと思い、インストールしました。

以下のサイトを参考にインストールしましたが、私の環境では
何カ所かうまくいかなかったので、その解決方法も含めて、記載したいと思います。

【 環境 】
 ・zabbix4.0
 ・Amazon Linux




 

zabbix4.0 インストール

sudo yum update
sudo amazon-linux-extras install epel
yum -y update

sudo rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
sudo rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
sudo rpm -ivh https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm
sudo vim /etc/yum.repos.d/remi.repo

以下のように編集します。

[remi]
(略)
enabled=0
 ↓
enabled=1
sudo vim /etc/yum.repos.d/remi-php72.repo

以下のように編集します。

[remi-php72]
(略)
enabled=0
 ↓
enabled=1
sudo vim /etc/sysconfig/selinux

以下のように編集します。

SELINUX=enforcing
 ↓
SELINUX=disabled
sudo yum -y install mysql-community-devel
sudo yum -y install mysql-community-server

sudo vim /etc/my.cnf

以下のように編集します。

25行目
default-authentication-plugin=mysql_native_password
 ↓
default-authentication-plugin=mysql_native_password
sudo systemctl start mysqldsudo systemctl enable mysqld
grep password /var/log/mysqld.log

2018-10-04T01:01:27.566357Z 5 [Note] [MY-010454] [Server] A temporary password is generated for root@localhost: {パスワード}
sudo mysql_secure_installation --use-default
{パスワード}
{自分で決めたパスワード}

sudo rpm -ivh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-1.el7.noarch.rpm

sudo yum -y install zabbix-server-mysql
sudo yum -y install zabbix-web-mysql
sudo yum -y install zabbix-web-japanese
sudo yum -y install zabbix-agent
sudo yum -y install zabbix-get
mysql -u root -p
CREATE USER zabbix@localhost IDENTIFIED BY '{自分で決めたパスワード}';
GRANT ALL ON zabbix.* TO zabbix@localhost;
quit;
cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-4.0.0/
zcat create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix
{自分で決めたパスワード}

sudo vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf

以下のように編集します。

125行目 # ''シングルクォーテ無し
DBPassword=

DBPassword={自分で決めたパスワード}

ファイアウォールの設定

AWSの場合、AWSコンソールのセキュリティグループから設定を行います。

80と443を追加します。



 

zabbix4.0の初期設定

‘http://<IPアドレス>/zabbix/’ へブラウザからアクセスします。


「Next Step」選択

いくつか「fail」が発生し進めなくなりました。





#PHPの設定修正
sudo vim /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

以下のように編集します。

<IfModule mod_php7.c>
 ↓
<IfModule mod_php5.c>

数値は上記のように変更しました。

sudo systemctl restart httpd

ページを再読み込みしたら、無事すべて「OK」になりました。
 


上記の通り、必要な情報を入力します。


また止まりました。。


#エラー出た
Details Cannot connect to the database.
Error connecting to database: Server sent charset unknown to the client. Please, report to the developers
sudo vim /etc/my.cnf

以下のように編集します。

#[mysqld] はもともとあるので[mysqld]の最下段から追加

collation-server = utf8_unicode_ci
character-set-server = utf8

[client]
default-character-set=utf8

[mysql]
default-character-set=utf8
sudo systemctl restart mysqld

「Next Step」

「Next Step」

「Finish」

あとは、参考先に従って、Adminのパスワードなどを変更すればOKです。

おわりに

いくつか参考通りにはいかない部分がありましたが、無事、インストールできました。
同様に困った方の手助けになればと思います。

今後は、発生したアラートをtwilioにつなぐ仕組みを作っていこうと思います。


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。