2万円の電子ホワイトボード「GoTouch」をVirtualboxで試す

はじめに

私は、デスクトップPCにubuntuを使用しているので、GoTouchを使う場合、VirtualboxのゲストwindowsかAndroidで使っています。ホストOSのBluetooth設定からGoTouchを認識できないため、工夫が必要でした。

【環境】
 ・ホストOS … Ubuntu18.10
 ・ゲストOS … windows10



GoTouch (ゴータッチ) スクリーンがホワイトボードに変身!スマホでリアルタイム共有も
GoTouch (ゴータッチ) スクリーンがホワイトボードに変身!スマホでリアルタイム共有も

設定方法

Bluetoothを認識するために、USBアダプタをホストOSに認識させ、ゲストOS内でBluetoothを認識させる必要がありました。


エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2
エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2がBluetoothアダプタストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。


エレコム Bluetooth USBアダプタを購入し、ホストOSで認識させます。挿せば認識します。


ゲストOSの設定画面で、USBデバイスフィルターに加えます。
Radioと書かれているので音楽デバイスかなと最初は勘違いしました。

あとは、通常のwindows版GoTouchと同じ設定で使えるようになります。



おわりに

慣れないうちは、すぐセッションが切れてしまい、Bluetoothをオフ/オンしても認識しないなど、やりづらい点は多いのですが、必要なプロセスなどを適切に終了させれば、再度認識は簡単に出来ます。
再認識の方法は、次回の記事で書きます。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました