2万円の電子ホワイトボード「GoTouch」でBluetooth再認識を即時行う

はじめに

GoTouchを使っている際、マウスやキーボードに触れてしまうと、すぐにセッションが切れてしまい、アプリを再起動するだけではうまく行かなかったので、再起動用のバッチを作りました。
※セッションがよく切れるのはvirtualbox環境だからでしょうか??

 

GoTouch (ゴータッチ) スクリーンがホワイトボードに変身!スマホでリアルタイム共有も
●タッチ機能がないパソコンや、TVスクリーン、プロジェクタースクリーンでも、GoTouchを使えば、大型のデジタルホワイトボードに変身させることができます。●専用ペンで画面上に筆記したり、投影した資料を保存したり、共有したりすることが可能です。●スマートフォンやタブレット、PCなどと簡単にBluetooth接続できる上...

設定方法

GoTouchを正常に使用している状態(本体は緑点灯)から、使えなくなってしまった場合(青点滅)に、以下の方法ですぐに再接続が出来るようになりました。


 

テキストファイルで適当に「GoTouch再起動.bat」を作成します。
以下の内容を貼り付けます。

@echo off

TASKKILL /F /IM GoTouch.Agent.exe /T
TASKKILL /F /IM GoTouch.exe /T

net stop "BsHelpCS"
net stop "BlueSoleilCS"

timeout /t 3 > nul
echo BlueSoleilの画面を「×」ボタンで閉じてください。
"C:\Program Files (x86)\IVT Corporation\BlueSoleil\BlueSoleil.exe"

timeout /t 3 > nul
"C:\Program Files (x86)\Anyractive\GoTouchWindow\Launcher.exe"

ファイルパスなどは適宜、読みかえてください。


 

その後、ショートカットを作成し、管理者権限で実行するようにします。
net stop コマンドは管理者権限でコマンドプロンプトを実行しないと出来ないためです。




おわりに

再接続の際には、以前まではGoTouch本体の電源をOFF/ONしたり、ゲストOSのUSBアダプタを外すなどしていたのですが、このバッチを使うようになってから、それも不要になりました。また、再接続後は、本体の位置が変わっていなければタッチ領域設定などは不要で、すぐにペンが使えます。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました